Quirkat

In the press

【GDC2011】中東諸国のゲーム市場の現状と課題・・・いずれは成長市場に? – Inside Games



2月28日、ローカリゼーションサミットの最後を締めくくる講演では、Corbomite GamesのCEOであるオデド•シャロン(Oded Sharon)氏とquirkatのCEOであるマフマド•アリ(Mahmoud Ali)氏によって「Games Markets in the Middle East: Opportunities and Challenges (中東諸国のゲーム市場〜チャンスと課題)」が催されました。

講演は会場にいる人達が全員立って行うゲームで始まりました。講演者、または会場にいる人が自分の公用語をあげ、その言葉を話す人が複数人いたら、その人たちが座るというものです。結果、ウェールズ語を話す男性が誰ともかぶらず、そのゲームは終了しました。講演内容はこうした言語的にマイノリティーである国のローカリゼーションが持つ課題点と利点を述べていく形となりました。

ゲームを行っている会場内の様子

実際の講演は前後半に分かれ、マフマド氏が最初に講演。中東諸国(中東〜北アフリカの22カ国)の市場について概説されました。その人口規模は4億人で、7500万人のインターネット人口を持ち、累積で4000万台以上の携帯電話が販売されています。人口の4割以上が25歳以下と若年層の割合が高く、インターネットユーザーの6割がオンラインゲームをプレイしており、ゲーム全体の市場規模は1000億円。フェイスブックユーザーの上昇率がどこの国よりも速く、世界全体のトラフィックの15%を占めるとのこと。インターネットユーザーの潜在的な可能性が講演全体を通してアピールされていたといえます。

前半に講演を行ったマフマド氏とその横のオデド氏

また、この地域のゲーム市場には興味深い傾向があります。プラットフォーム別のゲーム売上げではモバイルが圧倒的で、コンソールの割合は海賊版の存在もあって低いのが現状ですが、そのうちPS3のシェアが半分以上を占めるのです。また、PS3とXBOX360のマルチタイトルで、PS3版の売上げがXBOX360版の7倍ということもあったそうです。

プラットフォーム別のタイトルの売り上げ

本題のローカリゼーションでは、アジア産のMMORPGの成功が紹介されました。迅速なローカリゼーションに加えて、回線状態があまり良くなくても動作する点や、文化的な受け入れやすさが短期間の成功へとつながったとのことです。オリジナルゲームの開発も行われています。PCゲームの『アラビアンロード』(Arabian lord)というシムシティ系のゲームは最も人気のあるゲームの一つ。コンソールゲームでもPSPタイトルの第1号となった、カードゲーム『バシャ』(Basha)も紹介されました。
写真5‥‥キャプション:アラビアンロード(右上)とバシャ(左下)

しかし、中東諸国には課題も多く残されています。海賊版の存在もその一つですが、オンラインゲームが流行のきざしを見せている一方で、クレジットカードの普及率が低いこと。多くの投資家が中東市場の潜在的なチャンスに気づいていないこと。さらには宗教や文化の違いがもたらすローカリゼーションの難しさ、などです。特にRPGなどは言語の問題が大きく、ストラテジーなどが参入には望ましいのではないか、とされました。

後半はオデド氏によって、イスラエル市場の概要が紹介されました。イスラエルの人口は約7600万人で、75%がユダヤ系、20%がアラブ系という人口構成です。第一言語はヘブライ語とアラブ語で、第二言語は英語ですが、ロシア語を話す人々も20%程度いるとのこと。「すべての子供にコンピュータを」という政策が1995年から続いており、同国企業が開発した基礎技術がキネクトにも応用されるなど、技術力の高さには定評があります。

PCゲーマーの多いイスラエルでは、オンラインゲーム、フェイスブックゲーム、そしてここでも海賊版の需要が高いとのことです。ハードコアゲーマーの属性はアメリカやイギリスに近く、スポーツゲーム、FPS、レースゲームが人気ジャンル。PCゲーマー(400万人)、PS2(25万人)、Wii(10万人)と続きます。カジュアルユーザーではフェイスブック(300万人)、iPhone(50万人)、Android(14万人)といったところ。パッケージゲームの市場規模は4〜3000万円で、一本あたりの売上げは200〜300万円とされました。

イスラエルのゲーム人口の分類

ローカライズにおける課題点としてあげられたのが、ヘブライ語の対応です。前述の通り、イスラエルでは第二言語が英語ということもあり、ヘブライ語へのローカライズの必要性が希薄になりがちです。横書きの場合、英語は左から右に書き、ヘブライ語は右から左に書くなど、大きな違いもあります。同音異義語が多く、文化的な差異が大きいのも特徴。しかしこうした背景の裏に、ヘブライ語にローカライズされた子ども向けタイトルやオンラインゲームが大きな成功を収めたという事実があります。日本でもおなじみのブラウザゲーム「トラビアン」も、ヘブライ語版がサービスされてヒットしたタイトルの一つです。

ブラウザゲーム「トラビアン」(左)

このほかイスラエルで最も人気のあるお菓子のマスコットを用いたRPGで、アドバ(宣伝)ゲームの「「バンバ(Bamba)」では、登録者数が400万人、ユニークユーザーが80万人にのぼり、「2009 GameIS award」のベスト宣伝ゲーム部門を受賞しました。基本プレイ無料の子供向けバーチャルワールド「Mogobe」では、対象年齢層の3割がアカウントを開設し、課金ユーザーは4万人で、一人あたり6.5ドルを課金。2800万円の売上げを国内で達成しており、これはパッケージゲームの市場規模に迫るほどです。こうした事例を受け、「次世代のユーザーに向けて、ヘブライ語のローカライズがもたらす利益は大きい」と締めくくられました。

 

アドバゲーム「バンバ」

 

 

Translation:

Game Market in Middle East [GDC11]

 

 

============================================

 

The last session of the localization summit was “Games Markets in the Middle East: Opportunities and Challenges”.

 

Mahmoud Ali Khasawneh, “quirkat” CEO, and Oded Sharon, “Corbomite Games” CEO, discussed benefits and the challenges of working in the Middles East games market.

 

As a beginning of the session, Sharon held a simple game called “Language Minesweeper” The rule of the game was to find a person whose language is an language nobody else speaks in there. Sharon told everyone to stand up, take a guess if you are the only one who speaks your language, and if so, raise his or her hand. Eventually, welsh guy was the only one who speaks his language, Welsh, in the room. The purpose of the game is to focus on the minority language, its problems, and the advantages that the countries are having.

 

In the first half of the session, Ali explained the general information of Middle East. Middle East is a region that encompasses Western Asian and North Africa. The population is about 400 million and Internet population is more than 75 million.  In addition, more than 180 million people are under the age of 25 and 60% of all Internet users plays online game.  The thing is that the potential user for the Internet in the market is huge. For the time being, the game market size is around 1 billion dollars. The percentage of Facebook user has been rising faster than any other countries and occupies 15% of global traffic.

 

 

Also, there are some intriguing aspects of demands. As for the sales of platforms, mobile has been sold more than any other platforms such as, PC, Internet, Facebook, Consoles. In spite of the fact that the ratio of console itself is relatively low because of piracy epidemic in the Middle East, PS3 accounts for more than half of the consoles. According to information from Red Entertainment, the same title on PS3 will outsell XBOX360 version at 7:1 ratio.

 

The session came to the main point “Localization”.  Ali introduced Asian MMO’s as example of success, supported by some special factors: Rushed translation, Bandwidth optimization, Storyline & artistic relevance & acceptability. Those led it to short term success. On the other hand, they also put effort to developing their original games: PC game, called “Arabian lords”, which is strategy/ city builder, and First Arab PSP games, “Basha”.

 

 

However, they still have some challenges, which are involved with religion and culture. Those have been obstacles in the process of localization into Middle East language or culture, especially for RPG games. Thus, they assume that strategy games are relatively easier to enter into Middle East market. Other problems are that credit card is still not that popular under the circumstance the potential Internet users and that a number of investors do not even notice the opportunities in the middles east.

 

In the second part, Sharon started his speech by outlining the market in Israel. Israel is the world’s only Jewish-majority state. The population is over 76 million and three quarters of all is Jewish and 20% is Arabian. Their first language is Hebrew and Arabic and second language is English. 20% of them are Russian speakers. The government initiated “A computer for every child” in 1995 and has had good reputation as a high tech country. Recently, one of the Israel company developed the technique to Kinect.

 

Without exception in the Middle East market, the online games and Facebook games are popular and piracy is also same. PC gamer is the largest numbers (4 million), followed PS2 (250 k) and Wii (10k). For the casual user, Facebook user is the largest (3 million), followed by iPhone (500 k) and Android (14k).  As for the characteristic of hardcore gamer, it is similar to one of European countries (mostly UK) and US gamer: Sports, Fps, and Racing. According to Atari Israel, all annual retail game sales are between $ 400k ~ $ 500k, and for single full price titles, it is $ 20 k on average.

 

The challenges that he discussed were adjustment to primary language, Hebrew, such as left-to-right writing between English and Hebrew, cultural difference, missing or incompatible words, and double meanings. In the first place, there is no actual need for localization into Hebrew because they speak English as a second language. Still, he emphasized a need for localization into Hebrew because there is success title localized into Hebrew, “Travian”. It is an online game and now sounds very familiar all over the world.

 

He also mentioned two other case studies. First one was “Bamba”. It is Advergame, based on one of Israel’s most famous snack Brands. This game is free play RPG using Bamba’s kid mascot. This title, eventually, brought around 4 million entries and approaching 800 k unique visitors. The end of the year that it was published, “Bamba” won ” 2009 GameIS award” for best advergame. The other one is “Mogobe”, virtual world for kids ages 7 – 12, which was also succeeded as second most popular site among children in Israel, after Facebook. 30% of target audience opened accounts and 40k users make transactions of $ 6.5 for each now. Total revenue reached $ 280k just in Israel. From start to end, the significant point that he underlined is that localization into Hebrew will make a lot profit, focusing on the next generation. (writting and translation by Koki Hikichi)

 

Source